プロジェクト

プロスポーツクラブの大量創設・育成、リーダー人材(監督・クラブ経営者)の大量育成、ITを活用したヘルスケア他無数のスポーツ関連事業を次々と展開していきます。投資・支援事業も積極的に行いスポーツ版日本発世界企業をつくります。

2009年に創設しJクラブに昇格させた藤枝MYFCを地元企業に譲渡し、現在京都にて次なるクラブ経営を開始。リーダー人材(監督・クラブ経営者)の大量育成プロジェクトも進行しています。
当社代表小山が投資・支援している(株)スクールパートナーはキッズスポーツスクールを通じ子どもたちの心と体を育成。現在国内・ベトナム・シンガポール合わせて1.6万人の子どもたちが通学中です。

指導者人材の育成

リーダー人材を大量育成し、現場指揮官としてビジネスマンとしても一流の人材を大量育成する

今の日本サッカー界では、J1クラスの僅かな監督しかチームを勝たせることができません。
プロクラブの多くの監督はサッカー選手としてのキャリアを終えた後にそのまま指導者となるため、
マネジメント経験を積む機会が少なく、社会人経験もないため、選手を伸ばす力(寄り添い力・言語力)が付いておらず、
結果チームを勝たせる事ができないのでは、と考えました。
また監督“しか”できない監督しかいない事が日本のサッカーにおいての構造的問題なのではないか、とも考えています。
監督“しか”できないから監督“にしがみつく”しかなく、チームや選手やクラブの事を考えずに己の保身に走り、全てを壊さざるをえない構造に日本サッカーの構造的問題があるのでは、と。
そこで私たちは仮説を立て、指導者としてもビジネスマンとしても一流の人材を育て、時期に応じて監督業“も”行う人材を大量に育てる事にしました。
その結果、Jリーグ初の20代の監督、Jリーグ初の女性監督、Jリーグ初のサッカー経験ゼロの監督など、多様で優秀な監督が次々と生まれ、またその者たちが時期に応じてスポーツ企業の経営や価値も向上させるため、日本サッカーがワクワクと可能性に満ちたものになると考えています。

MORE

プロクラブ経営支援

日本中・世界中に無数のプロスポーツクラブをつくり、グローバルに活躍する人材、ネットワークをつくる

当社代表の小山は2009年に株式会社藤枝MYFCを創業し、2014年に5年でのJリーグ入りを果たしました。5年でのJリーグ入りは、現在史上最速となります。現在、京都で2例目のクラブを手掛け、更なる知見の蓄積が進んでいます。1からクラブを創設し、昇格させるノウハウを10年積み上げています。

MORE

キッズスポーツスクール
(スクールパートナー社)

日本を代表する人材を育成する

日本中・世界中にプロスポーツクラブが存在する未来。実現のためには、クラブの土台となるキッズスポーツスクールが不可欠と考えています。各地にスクールがあり、生徒とその家族がクラブのファンとなってくれる。そうすることでクラブがより地域に根付くことができます。そのために、スポーツXでは支援クラブのスクールを、事業パートナーである(株)スクールパートナーに全面委託。各キッズスポーツスクールでは、「日本を代表する人材を育成する」コンセプトの下、スポーツマンシップ教育、リーダーシップ教育を3歳から行っています。

国内スクール

事業開始で9年で生徒数はベトナム・シンガポール合わせて1.6万名、業界最大級。国内では東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城、静岡、京都、大阪、兵庫、滋賀、福岡の1都2府10県でスクールを展開しています。

国外スクール

ベトナム、アメリカ等でスクールを展開。
ベトナムスクールは、同国最大級のスクールとなっています。

クラブ経営人材の育成

プロスポーツクラブ経営人材を無数に輩出する

現在の日本サッカー界の根本的課題として「クラブ経営人材の不足」が挙げられます。多くのJクラブの社長は親会社等から期限付きで出向してきています。そのため、自分の期間をいかに平穏に過ごすかが最優先課題となってしまい、積極的な施策を打ちづらい現状です。 スポーツXでは、日本中・世界中にプロスポーツクラブがある未来を目指すために、「クラブ経営人材の育成」にも着手していきます。